子育ても仕事も はコメントを受け付けていません。

子育ても仕事も


看護師は女性の多い職業ですから、結婚や出産といったライフイベントの発生によって職場を離れる人も少なくありません。一定期間現場を離れてしまうと看護師としての勘が鈍ってしまうので、ある程度の期間を経て看護師として働きたいと考える人もいることでしょう。
とはいえ、あなたの状況はどうなのでしょうか。一旦は子供が手を離れた状態であれば、時間帯によっては常勤の仕事でも構わないでしょう。日勤のみで働けるのであれば申し分ありませんね。
しかし、育児の最中であればどうでしょう。お子さんはまだ手を離れていないので、育児をしながら看護師として働くなど到底考えられないのではないでしょうか。
言うまでもなく子育ては大変なものですし、お子さんが夜泣きをする子であれば、昼間の時間帯も眠くて仕方がないかもしれません。育児経験者であれば、育児期間はどうしても寝不足になってしまうものです。体力的にもかなりしんどいですし、おむつを変えたり離乳食をあげたり。ちょっとしたことでぐずりだしたり、ようやく寝かしつけたと思ったらまた起きて泣き始めるなんてことは日常茶飯事です。
そんなお子さんをつれたまま看護師として働くのは難しいですが、看護現場では現にあなたの現場復帰を望んでいます。
一番良いのは保育園や幼稚園に入れる年齢に達している状態で復帰に向けた準備をするのが望ましいですが、できれば早期に現場に復帰する方が看護師としての勘が鈍らずにすみます。
そうなってくると託児所のある職場が不可欠になりますね。最近では病院内に託児所や保育園のあるところが増えてきています。また、院内にそうした設備が無い場合でも近隣の保育園などと提携しているところもあるので、しっかりと情報を収集したいものです。
こういった時に役立つのが転職エージェントです。あなたの看護師としての経験やスキルだけでなく、ご家庭の事情についても加味した上で勤務先の候補を探してくれます。
看護師をしながら転職活動はとても大変ですが、それは子育てをしながらでも同じことです。転職エージェントを利用すれば、転職に必要な情報収集やあなたと職場のマッチングについて手厚いサポートを受けることができるのです。
もちろん託児所などの設備の有無についてもしっかり調べてもらえますし、お子さんが環境になれるための慣らし保育を終わらせたあとで就業したいなどの事情も考慮してくれます。
利用する転職エージェントの選定には、サポート力の強いところを選ぶようにしましょう。対応力やサポート力で評価の高いエージェントを利用して、満足できる転職を目指しましょう。

Random Posts 最近のコメント

タグクラウド

子育て 学科 専門学校 転職